株式会社アルプレイス > 不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス > 年金給付、抑制へ一歩 改正年金法が成立
ブログ
2016/12/16

年金給付、抑制へ一歩 改正年金法が成立

管理者用
不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス

 年金の給付をいまより抑える新しいルールを盛り込んだ改正国民年金法が14日、成立した。現役世代の賃金が下がったときに、高齢者が受け取る年金の額も減るのが特徴だ。将来世代の年金を確保するための改革だが、課題はなお多い。

 改正法の柱は2つある。1つは賃金や物価の変動に合わせて年金の支給額を増やしたり減らしたりする「賃金・物価スライド」の見直しだ。

 日本の年金は高齢者がもらう分を、その時代の現役で働く世代が賃金から支払う保険料や積立金などで賄う「仕送り方式」を採っている。賃金が下がればその分、現役世代の負担は重くなる。

 しかし、いまは賃金が下がっても物価が上がったときには、年金の額を据え置いている。賃金の下がり方が物価より大きい場合も、物価に合わせて年金額を変えている。

 これを2021年4月から、賃金の下落に合わせて支給額を減らす新しい仕組みに切り替える。現役世代が賃金の下落で保険料を負担する能力が落ちた場合、それに応じて高齢者の年金も減らして痛みを分かち合うようにする考え方だ。

 改正法のもう一つの柱は、年金支給額の伸びを賃金や物価の上昇分より抑える「マクロ経済スライド」の見直しだ。

 04年に導入したマクロ経済スライドは少子高齢化で保険料を納める現役世代が減るのに合わせ、物価や賃金が伸びている間は毎年およそ1%ずつ年金額を抑えて制度の持続性を高める仕組みだ。

 物価が下落しているデフレ下では適用しないため、過去に発動した例は15年度の1回しかない。

 政府は年金制度を長持ちさせるためには、年金額が現役世代の給料に占める割合である所得代替率を50%程度まで落とす必要があるとみている。だが、年金の抑制が進まなかったため、足元の所得代替率は6割を超す。

 今回の改正では、物価が下落している局面では年金支給額の抑制を凍結する代わりに、物価が上昇に転じたときには18年度から複数年分まとめて抑制できるようにする。

 もっとも、物価が下がり続けている局面では発動できないことに変わりはない。物価の下落に歯止めがかからなければ、発動できなかった抑制分がたまる一方となる事態も考えられる。大和総研の鈴木準主席研究員は「経済情勢に関係なく、毎年給付額を少しずつ抑えられる仕組みが望ましい」と指摘する。

 改正法には、来年4月から中小企業のパートタイム労働者などが労使で合意すれば厚生年金に加入できるようになる項目も盛り込まれた。公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のガバナンスも強化する。理事長と外部有識者で構成し、重要事項を決定する経営委員会を設ける。(日経より)

年金支給額をさらに抑制へ。物価が上下しても賃金が下がれば年金支給額も下がる。制度の持続可能性は高まったように見えますが、今後増えるであろう社会保障費の増加やGPIFの運用次第ではさらに減額へ踏み込まざるを得ない。年金に頼らずに、株や外貨、債券、不動産投資など個々での現役時の運用で老後の生活資金が大きく変わる時代にますますシフトしてきているのではないかと実感している方も多いと思います。60歳、65歳以降の生活資金やマネープランを一度見直して、①老後いくらの年金が貰えるのか ②平均寿命までの生活資金はいくら必要なのか ③不足部分をどのように運用するのか を考え、実行していくことが重要ではないかと思います。

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

  • 他のニュース
  • 年金のトピック
  • 年金のトピックマーケットのトピック

 

女性におススメな不動産投資/20代から始める不動産投資/サラリーマン家庭の為の不動産投資/老後に備えた不動産投資/相続税対策としての不動産投資 </

Facebookで更新情報をチェック!

コメント

関連記事