株式会社アルプレイス > 不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス > 訪日客、初の年間2000万人突破 観光庁
ブログ
2016/10/31

訪日客、初の年間2000万人突破 観光庁

管理者用
不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス

観光庁は31日午前、2016年の訪日外国人観光客が30日に2000万人を超えたと発表した。年間での2000万人突破は初めて。中国、韓国、台湾などアジアからの訪日客が伸びをけん引し、クルーズ船の寄港拡大も寄与した。11~12月の訪日客を加えて通年では2400万人程度に達する可能性がある。政府が20年の目標に掲げる訪日客4000万人に向けて弾みとなりそうだ。

 石井啓一国土交通相は31日、「観光先進国の実現を目指し、(観光振興を)政府一丸となって強力に推進する」とのコメントを発表した。訪日客は13年に初めて1000万人を超え、14年1341万人、15年1974万人と順調に拡大してきた。今年は4月の熊本地震の後、一部で九州旅行を手控える動きが出たが、すぐに持ち直し、通年で過去最高を更新するのは確実な情勢だった。

 1~9月の訪日客の内訳をみると、トップは中国の約500万人で、全体の4分の1を占める。韓国、台湾、香港を含む東アジアで全体の7割に達する。比較的安価なクルーズ船の利用も急増している。1~9月の外国船の寄港は1176回と前年同期比1.5倍だった。

 アジアの旅行需要は中間層の拡大で成長を続ける見通しだ。政府は空港や港湾の容量拡大や外国人向け案内所の設置など受け入れ環境の整備を進める。(日経より)

訪日外国人旅行者数が10月30日までの累計で2000万人を突破。(JNTO発表より)本年中に2400万人を超えそうな勢いですが、爆買いよりコト消費へのシフトといった消費動向の変化や、地方都市への広がりなどがある。訪日観光客が増え続ける中で民泊要件の緩和など、不動産の収益性の多様化が進むことで地価などへ今後大きく影響が出てくるのではないかと思います。

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

  • 他のニュース
  • 年金のトピック
  • 年金のトピックマーケットのトピック

 

女性におススメな不動産投資/20代から始める不動産投資/サラリーマン家庭の為の不動産投資/老後に備えた不動産投資/相続税対策としての不動産投資 </

Facebookで更新情報をチェック!

コメント

関連記事