株式会社アルプレイス > 不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス > 特区民泊「2泊3日」から 政令改正を閣議決定
ブログ
2016/10/25

特区民泊「2泊3日」から 政令改正を閣議決定

管理者用
不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス

政府は25日の閣議で、国家戦略特区で一般住宅に旅行客を有料で泊める民泊について、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に短縮する政令改正を決めた。31日付で施行する。短期滞在を認めて企業などの民泊事業への参入を促す狙いだ。(日経より)

民泊の最低宿泊日数が「2泊3日」に。個人の空き部屋で今後広がりを見せそうですが、マンションの場合管理規約での民泊が可能かを確認が必要。一部の特区のみならず、エリアや「2泊3日」などの規制緩和で収益性が高まるないし賃貸経営以外の収益の多様化が進むことで、不動産価格や地価に大きく今後影響が出てくるのではないかと思います。

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

  • 他のニュース
  • 年金のトピック
  • 年金のトピックマーケットのトピック

 

女性におススメな不動産投資/20代から始める不動産投資/サラリーマン家庭の為の不動産投資/老後に備えた不動産投資/相続税対策としての不動産投資 </

Facebookで更新情報をチェック!

コメント

関連記事