株式会社アルプレイス > 不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス > 地元就職なら奨学金 地方創生、官民で基金 政府、若者の流出に歯止め
ブログ
2014/12/22

地元就職なら奨学金 地方創生、官民で基金 政府、若者の流出に歯止め

管理者用
不動産投資の最新情報は週刊アルプレイス

政府は2015年度から、地方に就職する大学生に学費を支援する制度を始める。卒業後に地方で一定期間働くことを条件に、自治体や産業界と共同で奨学金の返済を減免するための基金をつくる。若者が地元で就職せず、東京に人材が集中して地方の活力をそいでいる。学生が地元に残るように促し、安倍政権の重点課題である地方創生につなげる。

 

 

 年内にまとめる「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の目玉にする。大学院や短大、高専の学生も対象とする。出身地に就職する場合だけでなく、都市部などの学生が地方に就職する場合も対象にする。自治体もお金を出すため、制度を使うのは人材不足に悩む地域が中心になりそうだ。

 自治体と地元産業界でどのような人材が地元に必要かを話し合い、支援する学生を決める。観光業が盛んな地域の自治体が観光ビジネスの専攻者を対象にしたり、ものづくりが中心の地区で理系の学生に絞ったりすることなどが想定される。

 自治体と産業界が学費支援のための基金を共同でつくり、政府は基金を設けた自治体に15年度から地方交付税を上乗せして配る。自治体の拠出分の半分程度を交付税で補う案が有力だ。

 支援を受けたい学生は奨学金を貸し付ける日本学生支援機構を通じて自治体に申し込む。自治体と産業界が支援対象に選べば、在学中に奨学金を受けられる。卒業後、地元に就職したことを確認したうえで、自治体などの基金が奨学金の返済を肩代わりする。すべて免除するか、一部にとどめるかはそれぞれの自治体と産業界が決める。

 医学部の学生には全国の都道府県が地元に勤務することを条件に学費を免除する制度がある。福井県や香川県は医学部以外の学生を対象に地元就職者への学費支援も独自に実施している。政府はこうした取り組みを全国に広げる。

 政府は主に県が制度を使うとみており、支援対象の学生は年間で合わせて数千人になる見通し。交付税の上乗せ額は数十億円になりそうだ。

 政府は地方の大学と自治体が共同で実施するインターンシップや研究開発にも15年度から交付税を出す。就職先は本来、学生が自由に選ぶものだが、地方の衰退を防ぐには政策的な誘導が必要だと判断した。各地方には魅力的な就職先となる企業の育成も求められる。(日経より)

地方都市と東京の賃金格差の改善や地方都市の仕事の魅力の発信など政府の政策以外の点が重要ではと思いますが、地方都市で働くインセンティブがないと東京の一極集中の傾向が是正されない部分といった点もあると思います。雇用や子育て・教育などの東京圏の格差是正など問題解決に必要かもしれません。

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

セミナーのお申し込み・個別相談会の予約

  • 他のニュース
  • 年金のトピック
  • 年金のトピックマーケットのトピック

 

女性におススメな不動産投資/20代から始める不動産投資/サラリーマン家庭の為の不動産投資/老後に備えた不動産投資/相続税対策としての不動産投資 </

Facebookで更新情報をチェック!

コメント

関連記事